日本語  |   中文简体
         日本語  |  中文简体
gbm1_result.jpg

NEWS


[%article_date_notime_dot%]   [%new:NEW%]
[%title%]

 

Profile

六連星まで届く歌!

 
中国江西省・景徳鎮(けいとくちん)生まれ。
幼少期から歌唱力を認められ中国国立の音楽院に入学。
その後、「流星雨」で北京チャート1位を獲得後、活動の拠点を日本に移す。
 
2005年テレサ・テン追悼曲で日本デビュー。
エンレイの哀愁を帯びた歌声は、テレサの実弟ジム・テン氏も「姉に声が似ている」と太鼓判を押すほどの魅力である。
 
現在は日本国内を中心に幅広く活躍中。CMソングでは、サントリー烏龍茶「ペッパー警部」、みずほ銀行「Happy bank day to you」(井上真央主演)等を歌唱。テレビ「李香蘭」(上戸彩主演)で劇中歌歌唱など、 多彩な活動を展開中。
アルバム「咲きましょう」「ぱらいそ」「ぱらいそ・に」「何日君再来」「美麗」 サントリー烏龍茶アルバム、「chai chai」「chai dance」をリリース。

2005年

▶テレサ・テン追悼曲「永遠のひと」で日本デビュー。

2006年

▶亜細亜音楽楽園(女子十二楽坊と共演:沖縄コンベンションセンター)。

2007年

▶舞台「ASIAN BEAT FICTION・何日君再来」(東京日生劇場・大阪梅田劇場)でテレサ役を好演(共演:筧利夫・黒木メイサ)。

▶「テレサ・テントリビュートコンサート」にマルシア、アグネス・チャンと共に出演。(中野サンプラザホール)

2008年

▶歌謡シアター「ラムネ」~木綿のハンカチーフ~に出演。

▶中国・四川大地震復興支援コンサートを開催。(河口恭吾・山本リンダ・ジャンシャオチンらが参加)

2009年

▶「琉球王国太鼓」の世界大会に参加。

2010年

▶11月3日「テレサ・テン」の多くのヒット曲を手がけた作詞家・荒木とよひさ氏にその歌唱力を認められ「テレサの羽根 / 時の流れに身をまかせ ~パート2~」でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。

2011年

▶6月15日 ファーストアルバム「テレサの羽根 ~ふたつめの伝説~」をリリース。

2012年

▶5月16日 セカンドアルバム「悲しみを幸せに…」をリリース。

▶9月 舞台「恋人たちの神話」三越劇場に主演で出演。(作・監修:荒木とよひさ、演出:錦織一清、音楽:岸田敏志)

2010年10月~2012年11月

▶荒木とよひさ氏の総合プロデュースによるMIN-ON「テレサの羽根・エンレイコンサート」で全国ツアー100回公演達成。

2013年

▶5月12日 台北アリーナで行われたテレサ・テン生誕60周年の「テレサ・テン追夢何日君再来トリビュートコンサート」に参加。

▶6月26日 サードアルバム「テレサ・テントリビュート」をリリース。

2014年

▶6月14日 五木ひろし芸能生活50周年記念コンサート(台北アリーナ)にゲスト出演

2015年

▶1月28日 シングル「サヨナラは・・・あなたから」(作詞:荒木とよひさ 作曲:五木ひろし)をリリース。

▶3月18日 4枚目のアルバム「蒼き星に生まれて」をリリース。

2019年

▶5月 ニューシングル「グッドバイ モーニング」(日本語・中国語)c/w「Never Enough」をユニバーサルミュージックよりリリース。


荒木とよひさ氏からのコメント

 

テレサ・テンが、
 
時代を急いで飛び去った心の中に残る永遠ならば、

エンレイは、
 
何十年という時がゆっくりと温めて孵化した、
 
伝説の不死鳥だと思う。
 
テレサが僕の生きてきた証しならば、
 
エンレイはもうひとつの僕の未来の伝説である。
 
作詞家 荒木とよひさ